もうすぐ新しいスタートの時期がやってきますね。引っ越して4月から新しい生活を始める方も多いのではないでしょうか。

初めての引っ越しは手間取ることばかり。初めてではなくても引っ越しはそんな頻繁にするものではないし、そのときの荷物の量などで大変さも様々ですよね。

ここではそんな引っ越しが少しでもラクになるように、引っ越しの荷造りでの気をつけたいことを紹介したいと思います!

荷造りの基本!

引越し準備は余裕をもって早めに始めたいですよね。
荷造りするときは始めっから段ボールに荷物を詰めていくのではなく、一度思い切って断捨離する気持ちで要らないものを処分するところから始めましょう

思い切りが大事です

荷造りをする時間がある程度とれる方は、引っ越し日の2週間前くらいから段ボールに詰めていくと◎。段ボールに詰めていくと場所を取るので、早く始めすぎると部屋が段ボールだらけで足場を失います(笑)

重いものは小さい段ボールに!

重さのある荷物は小さめの段ボールに分けて荷造りするのがコツです。
大きい段ボールに入れてしまうと運ぶときに苦労します。大きい段ボールに入れるときは軽いものを混ぜつつ、持てるかどうか確認をしながら詰めていきましょう

また段ボール内に隙間がある場合、運ぶときに荷物が動いて破損させてしまう恐れもあるので、緩衝材やタオルを挟むことも忘れないようにしましょう!

段ボールの中身は詳しく書く!

段ボールに何を入れたのか、正直3日経ったら忘れてしまいます
膨大な段ボールの量になるので、「これくらいなら一緒にいれても覚えておける…!」を複数の段ボールでやってしまうと、もうわからないですよね><

ただ「洋服」と書くより、
「冬服(ダウン・カーディガン・ニット類)」

ただ「雑貨」と書くより
「リビング雑貨(置きライト・時計・クッション)」

こんな感じで何が入っているのかは段ボールの側面に詳しく書いておくと荷ほどきのときや、急にあれが欲しい!となったときにとても助かります。引っ越し屋さんにメモを読まれるのが嫌な方は、自分だけ家族だけにしか伝わらない呼び方などでもいんです。そのものの特徴を書いておいたり省略して書いたり…。

またその荷物はどこにしまうのかを一緒に書いておくと荷ほどきのときにラクになるのでおすすめです。

細かなことをやっておくと後々がラクですよ。

きれいな段ボールを使うべし!

引っ越し屋さんによっては段ボールが別料金で頼むか迷いますよね。
スーパーで配っているものや通販で届いたものを再利用すると段ボール代を浮かせて安くすませることができますが、それはあまりおすすめしません。

使用済みの段ボールは何に使われていたのかわからないため、荷物を汚してしまうことがあります。また段ボールの断面は害虫が好む隙間があるので、もしかしたら新居に害虫を迎えてしまうことになりかねません…

かしこい荷造りのコツ♪

荷造りの基本はいかがでしたか?

基本を押さえたらさらにステップアップするコツをいくつか紹介します!

初日セットを作る

引っ越してからその日のうちには荷物を全部開けることはなかなかできません。
そこで引っ越してから2~3日間過ごせるような、初日セットを作ってひとつの段ボールにまとめておきましょう。2~3日間旅行に行くような感じで荷造りをして、そこにドライヤーやティッシュ、トイレットペーパー、割り箸なんかも入っていると便利かもしれません。

キャリーケースがある方はそれに初日セットを詰めると、段ボールの山に初日セットが埋もれないのでおすすめです。

これひとつあれば初日は安心です。

前日までに新居の掃除は済ませる

引っ越し当日は荷物の積み込みと荷下ろしの立ち合いなどがあるため、掃除をする暇はなかなかありません。新居の掃除は前日までに済ませておくようにしましょう

またそのときにガスなどの立ち合いを済ませておくと、当日引っ越し作業とバッティングする心配がなくなりますね。ゴミ袋や軍手、ハサミ、荷造り用のひもなども前もって持っていっておくのもおすすめです。

荷物が少なそうなら…

大きな家具が無くて少ない荷物の量ならば、引っ越し屋さんに頼むより宅急便で送ってしまうほうが安い場合があります。

初めてのひとり暮らしのときは家具は新居で揃えることが多いので、そういう方には宅急便のほうがお得に荷物を運べるかもしれません。

引っ越し初日にあって正解だった!

荷造りも引っ越し道具の準備も完璧。これで万全の態勢で引っ越し当日を迎えられそうですね。
でも案外抜けがあるのが、引っ越した直後の部屋の準備です。

とくに初日の部屋にないと意外と困ってしまうのがカーテンです。カーテンがないと夜の電気も外に漏れてしまいますし、早朝の日差しに照らされて早く目が覚めてしまったり…。部屋の中が丸見えなので防犯の面からもなるべくなら初日のうちにつけておきたいです

窓のサイズがあらかじめわかっているなら、店頭に買いに行くより通販で頼むのがおすすめです。店頭だとなかなかピッタリのサイズがなかったり、デザインが少なかったりしますが、通販で頼むとサイズの調整が5cm単位でできたり、自分の希望のサイズで作ってくれるのでとても便利です。

激安オーダーカーテン専門店|カーテン21

ちょっとしたコツで引っ越しの大変さや面倒くささを軽減しましょう!
素敵な新生活が迎えられるますように♪

   
こちらの記事もチェック♥
【温活】自宅で簡単に!足湯で明日の気力も運気もUP↑
【インテリア】これぞ至福!おうちでアウトドア空間を楽しむ
【食べる美活】忙しい女性のための理想の朝食