おっぱいが硬くなっていく!?

スキンケアばかりに気を取られ、バストケアを疎かにしていると知らず知らずのうちにおっぱいは硬くなっていたり!

手遅れになる前に日々のケアが大切です。

年々と弾力が衰えてくるバスト

もともとは柔らかかったのに...

以前と比べると柔らかさがが違うかも・・・と思ったら。
おっぱいが硬くなる原因、普段の生活習慣にあるんです!

  • 疲れやストレスが溜まっている
  • 肩こりがひどい
  • 姿勢が猫背
  • 体の冷え
  • 長時間同じ体勢

これらによる血行不良や女性ホルモンのバランスが崩れてしまったり。リンパが詰まって充分な栄養が届かなくなってしまったりすると、硬くなる原因です。

スマホばかりしているとうつ向きがちとなり肩こりの原因に

長時間にわたり、同じ体勢でスマホやパソコンを触っていると筋肉の疲労や凝りを招いてしまうので、血行を良くするためにも湯船に浸かったり、ストレッチや軽い運動を日頃から取り入れてみてください。

簡単マッサージ

お風呂上りなどで体が温まり、血行が良くなった時にぜひやってもらいたいのが「おっぱいマッサージ」です。

体があたたまっている時におっぱいマッサージが効果的

マッサージをすることで女性ホルモンが分泌が促され、活性化されます。
潤いのある肌・ツヤツヤな髪になるなど、おっぱいだけではないところにも嬉しい変化が!

リンパの流れが良くなるので肩こりや冷え性・生理痛や生理不順の緩和にも効果的です。
バストアップはもちろん、老化防止にも役立ちますよ。

マッサージは背中や二の腕、ウエスト周りなどの脂肪をほぐしながら、胸へともっていきます。
腰周りや背中周りもスッキリしてきます!

オススメなのが「グラマラス美神PREMIUM」というバストケアのクリーム!

グラマラス美神プレミアム

マッサージしながら女性ホルモンを整えてくれます。

塗って、1日3~5分程度マッサージするだけ!
香りもよく、ベタつかないのでお風呂上りにも気にならずに使えます。

「グラマラス美神PREMIUM」の公式ページから、育乳のプロが教えてくれるバストケア法が動画で見れます!

更なる美乳を目指すために取り入れたい食事

マッサージをすると血行が良い状態になりますので、栄養がおっぱいまで行き届きやすくなります。

ぷるるん!おっぱいにおすすめな食事は、大豆イソフラボンです。

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きでおっぱいや美容に欠かせない成分で知られていますよね。

大豆製品は女性ホルモンを活性化するので積極的に摂るのがいいです!

大豆イソフラボンが含まれるのは納豆や豆腐・豆乳、きなとやおから、などなど。
どれも手に入りやすく、毎日の食事にも取り入れやすいですよね!

ですが、摂り過ぎはNGなので1日摂取量40~50mgを目安に摂ってくださいね。

いくつになっても魅力的なバストは作れるんです

年齢を重ねると筋肉の衰えから垂れてきます。柔らかさはあっても、ハリ・弾力は失われていきます。
垂れる上にハリもなくなるなんて…悲しい…ですね。

歳をとってもハリがあると、それだけで若く見えます!

日々のケアで体の巡りを良くして、ハリのあるバストをキープしましょう。

   
こちらの記事もチェック♥
【大人の魅力】知ってるだけで違う!上品さが漂う女性のたしなみ
【実話】ふっくら♥上向きおっぱいを作り上げるためにした1つのコト
【ナイトブラ】おばさん体型に終止符ができるワケ