頭皮を乾燥から守る方法

洗髪後は自然乾燥させない

シャンプーをして洗うと頭皮の潤い成分も流れてしまうため、洗い流した後に自然乾燥していると髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

濡れた状態のままでいると頭皮は雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイやかゆみの原因になります。しっかりとタオルで拭き取り、ドライヤーを使って乾かしましょう。

しっかりドライヤーで乾かす

ですが、乾かし過ぎは禁物です。
頭皮を痛めるだけでなく、髪の毛にある必要な水分まで蒸発してしまいパサパサになります。

あと少しで乾きそう、という段階で冷風に切り替えるとキューティクルが閉じて髪の毛が傷みにくくなりますよ。

頭皮を保湿する

紫外線による乾燥や部屋の空気による乾燥は頭皮の乾燥にも影響します。
外では帽子や日傘で対策する、室内では加湿器、お湯を沸かすといった対策するだけでも変わってきます。

それでも乾燥してしまいますよね。

頭皮も皮膚なので化粧水をなじませる、頭皮ケア用のオイルやローションなどを使うのも効果的です。

低刺激成分のシャンプーを使う

通常のシャンプーは洗浄力が強く、必要な皮脂まで洗い落としてしまうので洗浄力の優しい低刺激なシャンプーがおすすめです。

界面活性剤が入っていない、無添加の石けん系シャンプーは刺激が少ないです。

ですが、日本では原材料にオーガニックのものが一部でも使われていれば、オーガニックと表記することができます。
無添加と表示されていても特定の添加物が入っていなければ、無添加と謳えてしまうんです。

添加物が一切入っていない、という意味ではないので、気を付けてくださいね。

おすすめヘアケア製品で艶髪に大変身

頭皮や髪の保湿ができ、低刺激なシャンプーでおすすめなのが
ゆめじん「ハイビスカス ヘアシャンプー」です。

なぜハイビスカスかというと。

沖縄の女性は昔、黒い艶髪を守るためにハイビスカスで洗髪していたといわれています。

そこに注目し研究を重ね開発されたのが、ハイビスカスの葉から抽出された成分が入った、ノンシリコン・リンス不要の無添加アミノ酸系シャンプー「ハイビスカスヘアシャンプー」なんです。

研究の結果ではハイビスカスから取れる粘性物質には優れた保湿効果があることがわかっています。

頭皮ケアにこだわったYUMEJINの製品は、
沖縄県北部(やんばる)の今帰仁村で自然農法により「ハイビスカス葉エキス」の原料となるハイビスカスを有機栽培しています。

有機栽培しているハイビスカス

太陽をたっぷり浴び、大切に育てているハイビスカスは、農薬を一切使用せずに栽培したハイビスカスの花や葉から抽出していますので安心して使えます。

ハイビスカスヘアシャンプーは、今なら初回限定500円OFF!送料込みで2,800円(税抜)です。

シャンプー1本の内容量は300ml。
1回で6プッシュ計算で約1ヵ月半ほど使用できるコスパの良さ!(1プッシュ=1ml)

リンスやトリートメントが不要なのでお財布にやさしく、経済的です。
石油系合成界面活性剤、鉱物油、パラベン、合成香料、合成着色料が不使用で地球にもやさしいんです。

泡立ちが良く、クッション泡で洗うから、洗うたびに頭皮から髪がキレイに。

ハイビスカスヘアシャンプーは、定期お届けサービスもやっています!
休止・再開・解約が自由に選べて、いつでも全国どこでも送料無料でお届けします。

定期コースなら3回目以降は10%OFF、6回目以降は15%OFFの価格となり、使うたびにお得になっていきますよ。

いくつになっても艶髪へ

頭皮は30代から老化がはじまるとか。
早めのケアで頭皮を健康に!健康になると血行も良くなり、顔のリフトアップ効果にもつながります。

シャンプーで、髪にも肌にもうるうる☆艶やかさをアップしちゃいましょう!

   
こちらの記事もチェック♥
【ママ】赤ちゃんが欲しいな♪と思ったら始めてほしいコト
【美尻】見た目も手触りも抜群♡つるつるヒップを作るためにできること