マッシュルームのここが体にいい!

マッシュルームには腸内環境を整えてくれる食物繊維と、体内の代謝に働くビタミンB郡が多く含まれています。

加えてカロリーは低いので、
生活習慣病の改善やダイエットの手助けをしてくれる食材にもなります。
毎食のカロリー値などを気にしている方には、料理に取り入れやすくて嬉しい食材ですよね!

さらに、マッシュルームにはうまみ成分の「グアニル酸」がシイタケの約3倍含まれており、調味料としても最適なんです。

おいしいマッシュルームの選び方

マッシュルームは10~12月が旬なので、もうすぐ一番おいしい時期になります。この機を逃さず、ぜひおいしいマッシュルームを「生で」食べてもらいたいです!

そのためには、
まずスーパーでどんなマッシュルームを選べばいいのか、チェックポイントをまとめてみました♪

マッシュルームは色で選ぶ

マッシュルームは、カサの部分がホワイトとブラウンの2種類があります。
これは栽培の時に使われる菌の種類に違いがあるからです。

また色によって、味わいにも違いがあります。

ホワイト
まろやかで上品な味わい。見た目も美しいため、生食用にも向いている。
ブラウン
香りがあり、キノコの風味が強め。

新鮮なマッシュルームの見分け方は?

カサの部分が開いていないもの、
触ったときにすべすべしていてしっかりしているものが新鮮なマッシュルームです。

断面が黒く変色していたり、
柔らかくなってしまっているものは、鮮度が落ちてしまっているので、生食用としては向きません。

またホワイトマッシュルームの中には、漂白されて不自然に白いものもあるので注意しましょう。

買ってから数日経つとカサが開いてきてしまうので、
生で食べたい時は、新鮮なものをなるべく早く食べるようにしてください。
カサが開いてきてしまっても、通常通り過熱をすれば問題なく食べることができます。

マッシュルームのおいしい食べ方

新鮮なホワイトマッシュルームは生でサラダにするのがおすすめです。
いつもとは違う歯ごたえと香りを楽しむことができます!
ホワイトマッシュルームは変色しやすいので、
スライスにした後、レモン汁を軽くかけると変色を遅らせることができますよ。

いつものサラダにトッピングするだけで、マッシュルームの彩りと香りで食欲倍増は間違いなし♪
ドレッシングは、マッシュルームの香りを邪魔しないように、オイル系のものにするのがおすすめです。

ブラウンマッシュルームは、香りが生かせるシチューやスープにするとおいしく仕上がります。

またマッシュルームは冷凍保存をすることが可能で、冷凍をするとうまみがさらにアップします!

冷凍したものは歯ごたえは落ちてしまうので、細かくして使うようにしましょう。
ミートソースやクリームソースなどに入れると、香りとうまみが引き立つのでおすすめです。

生で野菜を食べる時に便利!

生のマッシュルームをおいしく食べる豆知識をご紹介してきましたが、

そもそも生の野菜には農薬がかかっているし、
水洗いだけでは不安…、特にちいさなお子さんがいる家庭では、余計に敏感になりますよね。

水洗いだけでは落とせない農薬や汚れをなんとかしたい~!

なんと、そんな悩みに専門のスプレーがあったんです!
そのアイテムが「ベジシャワー」、使い方は野菜を洗う前にシュッと吹きかけるだけ。子どもにもお手伝いを頼めるくらいカンタンで、子どもも自分で洗った野菜が食べれてニコニコしてます♪

ベジシャワーは幼稚園の給食調理にも使われているスプレーで、純水と食品添加物で作られています。
口に入れても大丈夫な成分で、野菜表面の農薬や展着剤を落とすことができるんです!

また除菌もできるので、使い道は野菜や果物だけでなく、キッチン周りをサッと拭きたい時などにも安心して使うことができます。

生野菜は素材そのものの味を感じることができるので、なるべくなら、味覚に敏感な子どもの時から食べさせて、その味を知ってもらいたいものです。

マッシュルームも生で食べると、過熱の時とは全然違って、新たなおいしさを感じられるんですよ!
ぜひサラダで召し上がってみてくださいね!

   
こちらの記事もチェック♥
【ダイエット】食べても太りにくいカラダを作る寝かせ玄米
【ダイエット】いっぱい食べるキミが好き?食いしんぼうなのに太らないあの子が心がけている3つのコト