クマって3種類あるのをご存じでしょうか。
クマは「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3種類に分かれ、それぞれ原因が違ってきます。

青クマ

青クマの原因

青クマは主に血行不良が原因であることが多く、そのほかに眼精疲労や乾燥が原因になることもあります。

青クマの原因には以下のようなことがあげられます。

  • 睡眠不足
  • 身体の疲労
  • ドライアイ
  • ストレス
  • 低体温
  • 眼精疲労
  • 冷え
  • 乾燥

冷えや乾燥もクマの原因と考えられており、冬になるとクマが気になるという女性が急増します。

青クマの対策法

青クマは「血行を良くすること」と「肌の状態を整える」ことが大切です。

  • 温かいタオルをあてる
  • 目の下をマッサージする

すぐにできる方法として上記のことがあげられますが、マッサージはやりすぎると茶クマになる可能性があるので注意してください。

アイクリームを使うとマッサージと保湿が同時にできるのでおすすめです♪

茶クマ

茶クマの原因

茶クマができる原因は色素沈着です。
色素沈着を起こす原因は次のようなことが考えられます。

  • 目の周りをこすることでメラニン色素が生成され茶色くなる
  • 年齢や紫外線による過酸化脂質の増加によりくすんで見える
  • ターンオーバーがうまくおこなわれず、肌に透明感がなくなりくすんで見える
  • 肌に合わない化粧品が原因による肌へのダメージ
  • 血行不良

茶クマの対策法

茶クマはターンオーバーを促すことが大切です。
目元ケアには専用のアイクリームがおすすめです。

黒クマ

黒クマの原因

加齢でたるみやしわができ、それによってできる影がクマの正体です。

黒クマの対策法

黒クマはクマ自体のケアというよりは肌のケアが重要です。
ヒアルロン酸やコラーゲンを補給して美肌を目指すというのが一般的な流れになります。

美容成分がたっぷり入っているアイクリームを使い続けてみましょう。

残念ながらクマを即効で治す方法はありません。目元ケアを毎日続けることが重要なんですね。

コンシーラーでクマを隠す…本当にそれでいいの?

できてしまったクマはコンシーラーで隠すのが手っ取り早い!確かにその通りなんですが、隠すだけでは根本的な解決にはなっていません。

また、コンシーラーを塗るときの摩擦が茶クマを作る原因にもなりかねません。コンシーラーでの対策は一時的なものとし、肌ケアを重点的におこなうようにしましょう。

目元ケアにオススメ!

目元の悩みをトータルケアできる「メモリッチ」は目の下、まぶた、目尻に使えるアイクリームです。

メモリッチ

ananやpoco'ceといった雑誌をはじめ、多数のメディアで掲載されている今注目のアイテム!
8つの無添加(※)とパッチテスト・スティンギングテスト済みのメモリッチは、敏感肌の方でも使用することができ、目元のうるおいをしっかりキープしてくれます。

乾燥が防げて目元にあらゆる面からアプローチしてくれる救世主です♥

※パラベン・アルコール・タール系色素・合成香料・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・鉱物油・合成着色料