ニキビを予防するには

食生活の見直し

ニキビには栄養バランスの良い食事が大切です。ビタミンやミネラル不足になると肌の状態が不安定になります。偏った食事や脂っこい食事、糖分を多く含む食品を摂っているとニキビの原因となる皮脂の分泌が増えてしまいます。ビタミンを多く含んだ食物や果物を積極的に摂取するように心がけましょう。

控えたい食べ物

ジャンクフードやインスタント食品、ケーキやチョコレート、ジュースなど油脂分や糖分を多く含んだ食品や辛いもの、アルコールやコーヒーの過剰摂取はニキビができやすくなるといわれています。ニキビができやすいと思ったら、食事に気を付けましょう。

お肌のスキンケア

洗顔は肌の汚れや余分な皮脂を落とすことが目的です。ニキビができると清潔にしなきゃ!と思い、ゴシゴシ洗ったり、何度も洗顔していると、肌の乾燥します。乾燥を補おうとして皮脂の過剰分泌を起こし、ニキビを悪化させてしまいます。正しい洗顔方法を紹介いたしますので確認してみてください。

正しい洗顔方法

  1. 顔を優しく洗います。洗顔料を手の平に適量を出したら、ぬるま湯を加えて泡立てます。
  2. 泡を顔全体に広げ、優しく丁寧に汚れを落とします。この時、強くこすらないように洗いましょう。
  3. 髪の生え際やフェイスラインを丁寧にすすぎ、清潔なタオルでそっと拭き取ります。

洗う時の水温は冷水ですと毛穴が委縮して汚れが落ちにくい、乾燥の原因となり、熱すぎるお湯ですと皮脂を落としすぎるため肌の負担が増えるため、ぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

睡眠の質を上げる

睡眠不足が続くと、目の下のクマやメイクのノリが悪くなったり、くすみ・ニキビができたり、といった肌トラブルを起こします。それは睡眠と肌には密接な関係があるからです。睡眠時間が短かい、睡眠の質が悪い、といったことが続くと肌の新陳代謝が滞ってしまいます。

そうなると古い角質が肌の表面にとどまるため、くすみ・ニキビ・肌荒れを起こしてしまいます。睡眠不足はニキビの大敵です。

ですが、大人になると残業や飲み会・女子会で夜更かしせざるを得ないときもありますよね。

睡眠時間が短いときには睡眠の質を上げることを意識してみてください。

質を上げるには

  • 就寝1時間ほど前にゆるま湯に浸かる
  • 就寝1時間ほど前から部屋の明かりをうす暗くする
  • リラックス効果のあるアロマを焚く

食生活・正しい洗顔・良質な睡眠、規則正しい生活を送っていても、やっぱりニキビができやすい・・・などというときには、化粧水や保湿クリーム、洗顔料などのスキンケア用品を変えてみる、というのもオススメです。

スキンケア用品を変えてみる

ニキビケアに特化した医薬部外品「Medi Acnar メディアクネール」なら化粧水と普段の洗顔を変えるだけでニキビ菌を寄せ付けません。

乾燥肌ニキビにも脂性肌ニキビにもなめらか肌へとサポートしてくれます!

ニキビの原因は人それぞれです。
ストレスや運動不足による血行不良やホルモンバランス、便秘なども原因の一つです。

どこにニキビができる原因があるのかを1日でも早く見つけ、改善をしていくことがニキビを繰り返さない、なめらかな肌への近道です。

   
こちらの記事もチェック♥
【美尻】見た目も手触りも抜群♡つるつるヒップを作るためにできること